前へ
次へ

美容に効く青汁の成分について

青汁とは緑黄色野菜を含む汁のことであり、その成分は商品によって多少変わりますが、主に「大麦若葉」「明日葉」「ケール」といった普段単品では摂りにくい野菜が含まれています。
これらの野菜には美容健康効果の大きい、優れた成分があります。
「大麦若葉」には活性酸素の発生を防ぐSOD酵素が多く含まれ、アンチエイジング効果が期待できます。
「明日葉」に含まれるカルコンという成分は内臓脂肪を溶かす機能を持っており、ダイエット効果があります。
「ケール」の主成分であるルテインは、特に目の健康に良いとされています。
現代人には野菜が不足しているといわれています。
それを手軽に補うものとして、今では多くの青汁商品が発売されています。

青汁は美顔の一役を担います

美容と言うと、化粧品を思い浮かべるのが通常ですが、健康であるからこそ美容にも通じるということから内面を綺麗にして美顔を作るための考え方が大切であると言えます。
そこで注目されるのが生野菜ですが、生野菜を多く取ることは、胃腸の強い人は別としてすんなりと必要なビタミン類と便通を良くする食物繊維を取得することは難しいことになります。
そこで今注目を集めているのが青汁です。
簡単に言うと生野菜を細かく砕いた状態の青汁こそ健康を維持して美容に繋がる魔法の飲み物と言えます。
ビタミンB1,B2,B6,B12をバランス良く胃に優しく取得できるので胃腸に不安のある人でも胃腸の吸収力を補いつつ美容に繋がるものです。
青汁にレモン果汁をプラスしてビタミンCによるメラニン色素を薄くする工夫もできます。

Page Top